ここからメインメニュー/本文へジャンプ

ここからパンくずリスト/本文へジャンプ

トップページ >調査・研究資料茨城県健康研究健康づくり、介護予防及び医療費適正化のための大規模コホート研究事業

ここからサブメニュー/本文へジャンプ

ここから本文

1-2. 健康づくり、介護予防及び医療費適正化のための大規模コホート研究事業

  医療費適正化対策の一環として、平成20年度から開始した特定健康診査と特定保健指導の実施に併せて、健康診査データとレセプトデータの統合分析をもとに、被保険者に対する効果的な保健指導も求められています。

 このため、県内の市町村国民健康保険に加入している特定健康診査受診者を対象として、生活習慣や健診成績、特定保健指導と医療費、要介護状態区分などとの関連を調査・分析することにより、生活習慣病予防及び介護予防対策の根拠となる資料を作成するとともに、効果的な保健指導に役立つツールを開発・提供して、健康づくり、介護予防及び医療費の適正化を包括的に推進することを目的としています。

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

本文ここまで/メインメニューへ戻るサブメニューへ戻るもう一度本文を読む