ここからメインメニュー/本文へジャンプ

ここからパンくずリスト/本文へジャンプ

トップページ > 介護予防 > 茨城県の取り組み

ここからサブメニュー/本文へジャンプ

ここから本文

茨城県の取り組み

■シルバーリハビリ体操指導士養成事業

茨城県では,「いきいきヘルス体操」などの普及を通して高齢者の生活能力を維持し,また地域の介護力を高めることをねらいとし,本県独自の「シルバーリハビリ体操指導士」を養成します。

介護予防とは

健康寿命の延伸と生活の質の向上を図るため,できる限り要介護状態に陥ることなく,健康でいきいきとした生活を送れるよう支援すること。

介護予防の推進

高齢者が急速に進行し,要介護状態の方々が増加しています。また,2015年には「団塊世代」も高齢者(65歳)の仲間入りをし,その10年後の2025年には,高齢者人口はピークを迎えます。
このような状況をふまえ,国では高齢者の自立支援のため,各種の事業の見直しや検討がされております。高齢者の方々が自立した生活を送るには,各種のサービスのほかに家族,地域での支え合いが重要です。
家族や高齢者自身による「自助」,地域社会で支え合う「共助」,公的制度の「共助」が,組み合わさり継続し機能することが重要と思われます。
本県では,「自助」「共助」の体制づくりとして,今回紹介いたします「シルバーリハビリ体操指導士」の制度づくりを行っています。

シルバーリハビリ体操指導士

地域において介護予防・リハビリ体操を普及させるためのボランティアであり,指導者です。概ね60歳以上の方を対象としています。

図:シルバーリハビリ体操指導士養成 2015年までの目標

養成講習会

1級から3級まで,いずれも「シルバーリハビリ体操指導士養成講習会」を受講した修了者対して認定を行います。講習会の内容は,高齢者の心理・解剖生理学や高齢者保健福祉制度とサービスの講義,さらには,介護予防のための体操(いきいきヘルスいっぱつ体操ほか)の実技などから構成されています。

本文ここまで/メインメニューへ戻るサブメニューへ戻るもう一度本文を読む