ここからメインメニュー/本文へジャンプ

ここからパンくずリスト/本文へジャンプ

トップページ > 生活習慣病予防 > データヘルス計画支援ツール

ここからサブメニュー/本文へジャンプ

ここから本文

データヘルス計画支援ツール

■データヘルス計画の策定に活用できます

 

 保健事業の実施等に関する指針では,レセプト・健診情報等のデータの分析に基づき,効率的・効果的な保健事業をPDCAサイクルで進めることを目的に,医療保険者が保健事業の実施計画(データヘルス計画)を定めることとしています。
茨城県では,「健康づくり,介護予防及び医療費適正化のための大規模コホート研究事業」を行っており,市町村国民健康保険加入者の内,同意の得られた特定健康診査受診者の生活習慣・健診成績等と,医療費・要介護状態区分などのデータを収集して,その関連性について調べています。
 この分析結果をもとに,国民健康保険団体連合会の国保データベース(KDB)システムから出力できるデータを利用して,健診成績等の改善が,医療費にどの位影響を及ぼすのか試算できるツールを開発しました。
 データヘルス計画の策定の際,今までの評価や今後の目標設定に活用できます。
 なお,ツールは自由に使用できますが,商業目的の無断使用は禁止しております。また,使用料は無料ですが著作権は茨城県に帰属します。

■目次

  1.データヘルス計画支援ツール
  ※現在,修正中です。

 

  2.データヘルス計画支援ツール(メタボリックシンドローム版)
  ※現在,修正中です。

 

【問合せ先】
茨城県立健康プラザ 健康づくり情報部
TEL:029-243-4216(直通)

 

 

 (内容等についてのお問い合わせ先:茨城県立健康プラザ 健康づくり情報部)

本文ここまで/メインメニューへ戻るサブメニューへ戻るもう一度本文を読む